商品の売上を向上させよう|ラウンダーを利用するメリットとは

ウーマン
  1. ホーム
  2. 経費削減と利益拡大の力に

経費削減と利益拡大の力に

バインダーを持つ男性

企業の仕事は依頼するだけ

自社の商品をいかにして販売するかは、企業にとって大きな課題ですね。顧客にお勧めするだけでなく、納品させてもらう小売店などの取引先との交流やフォローもとても重要になってきます。その際に頼りになるのがラウンダーです。ラウンダーの主な仕事は、自社の商品をアピールした売り場作りや、自社の商品のリアルタイムの動向を調査・報告することです。近年ではノウハウの教育を受けた専門の業者の他、比較的に時間に自由が利くとして、主婦からの人気もあり、形態の広がりを見せています。その仕組みとしては、企業から依頼を受けたラウンダー専門会社や紹介会社が、より条件に適した人材を店舗に派遣します。指示を受けたラウンダーは店舗に赴き、仕事をこなし、商品動向など現場の状況報告を行い、完了です。これによるメリットとして、店舗によって利益率の高いものを売り込むことが出来るため、効率的に利益を上げることが可能です。ここで、一般的なマーケティング活動との違いを挙げてみましょう。一般的な流れとしては、企業が小売本部のバイヤーに商談し、バイヤーが各店舗に連絡、店舗側が現場作りを行います。ラウンダーの場合、間に人を挟まない為、企業の望む戦略やイメージをそのまま店舗での売り場作りが出来るといえます。ここが大きな違いの1つです。また、ラウンダーが小売店の従業員とコミュニケーションを取ることで、他社より目立つ場所を確保してもらえる事もあります。離れた店舗の場合、近所に住む主婦のラウンダーにお願いすると交通費が安く済む経費削減も狙えます。ラウンダーは無駄を削減し、利益を拡大する力強いパートナーになってくれることでしょう。